読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Atomの便利なパッケージ

最近エディタはAtomでいい感じになってきました。Sublime Text2と比べると最初からパッケージマネージャがついていて簡単にパッケージを追加できるのがいいところです。Atomのパッケージには様々なものがありますが、公式サイトでそれっぽいキーワードで検索してインストール数の多いものを入れておけばとりあえず間違いはありません。

個人的に使っている便利っぽいパッケージをいくつか紹介してみたいと思います。

  • japanese-wrap - Atomは日本語の折り返しの挙動がおかしいのですが、これを正しく動作するようにするためのもの。日本語の文章を書くには必須のパッケージ。
  • file-icons - ツリービューやタブにファイルの種類に応じたアイコンが表示されます。見た目にわかりやすくなっていい感じ。
  • git-plus - COMMAND+SHIFT+H(Windowsの場合はCTRL+SHIFT+H)で表示されるパレットからGitの操作を行うことができる。
  • language-scala - Scalaの強調表示をできるようにするもの。AtomはデフォルトではScalaには対応していないので。他にもデフォルトで対応していない言語は大抵language-なんとかというパッケージが存在するのでパッケージマネージャで検索してみるべし。
  • term2 - Atomのタブでターミナルを使えるようにするもの。Atomを最大化して使っているときにちょっとしたコマンドやビルドを実行するのに便利。
  • atom-lint - 様々な言語のLintツールに対応。行番号のところとソースコード中にツールチップでエラーを表示。Lintツールは別途インストールしておく必要あり。

他にもソースコードフォーマッタや補完機能を強化するものなどプログラミングに便利なパッケージにはいろんなものがあるのでいろいろ探して試してみると面白いと思います。