読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@teppeisさんによるECMAScript6勉強会

毎週金曜日に社内で開催している技術勉強会ですが、今週はサイボウズの佐藤鉄平(@teppeis)さんにお越しいただき、先日のYAPC::Asia Tokyo 2015でも講演されたECMAScript6についてお話しいただきました。

f:id:takezoe:20151016123032j:plain

資料は以下になります。

www.slideshare.net

これまでのJavaScriptでは近代的なプログラミングをするためにいろいろと辛いコードを書かなくてはならなかったのですが、ECMAScript6では様々なクラス定義やブロックスコープでの変数宣言、アローファンクションなど新しい構文が導入され、シンプルなコードを書けるようになるとのこと。また、デフォルト引数や可変長引数などはコードのシンプルさもさることながら、シグネチャから判別できる情報量が増えるという点でも意義があるとのことでした。

なお、現状でECMAScript6を使うのであればBabelでトランスパイルする方法をオススメされていました。Webブラウザ上で利用可能なREPLもあるのでまずはここでECMAScript6のコードがBabelでどのように変換されるのかを試してみるとよいのではないかと思います。

ECMAScript6の日本語でのまとまった情報としては@teppeisさんが執筆されたWEB+DB PRESS Vol.87の特集記事が素晴らしいです。自分もこの特集記事のために久しぶりにWEB+DB PRESSを購入しました(^^;

WEB+DB PRESS Vol.87

WEB+DB PRESS Vol.87

講演後は社内でTypeScriptやReact.jsを使っているメンバーが@teppeisさんを囲んでお話をさせていただきました。業務で悩んでいる点などを質問させていただいていたようです。@teppeisさん、いろいろとアドバイスをいただきありがとうございました。

講演の最後に「We are hiring!!」というスライドがありましたが、弊社でもhiringしておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。