読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GitBucket 3.4をリリースしました

Scalaで実装されたオープンソースGitHubクローン、GitBucket 3.4をリリースしました。

https://github.com/takezoe/gitbucket/releases/tag/3.4

プラグインAPIの改善

プラグインクラスで宣言的なプラグイン定義ができるようになりました。

class Plugin extends gitbucket.core.plugin.Plugin {

  override val pluginId: String = "gist"

  override val pluginName: String = "Gist Plugin"

  override val description: String = "Provides Gist feature on GitBucket."

  override val versions: List[Version] = List(Version(1, 2), Version(1, 0))

  override val images = Seq(
    "images/menu-revisions-active.png" -> fromClassPath("images/menu-revisions-active.png"),
    "images/menu-revisions.png"        -> fromClassPath("images/menu-revisions.png"),
    "images/snippet.png"               -> fromClassPath("snippet.png")
  )

  override val controllers = Seq(
    "/*" -> new GistController()
  )

}

また、新しくドキュメントのレンダラーを追加するための拡張ポイントを追加しました。GitBucketはデフォルトではプレーンテキストとマークダウンをサポートしています。

go-importのサポート

publicリポジトリ限定ですが、HTMLの<head>内に以下のような<meta>タグを出力するようになりました。

<meta name="go-import" content="localhost:8080/root/test git http://localhost:8080/git/root/test.git" />

この他にも様々な改善やバグフィックスを行っています。詳細についてはIssueの一覧をご覧いただければと思います。