読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GitBucketのユーザインターフェースの変更について

GitBucket

2週間ほど前にGitHub社からGitBucketのコミッタ宛てにメールが届きました。

それは「GitBucketはGitHubにあまりにも似すぎているが、GitHub社はGitHubプロプライエタリなマテリアルをコピーしたり、ユーザインターフェースをクローンすることは許可していない。これはGitHub社の知的所有権を侵害している可能性があり、GitHubのユーザに混乱を引き起こすもので、改善を求める」という趣旨のものでした。

1点目についてはGitBucketはOcticonsやBootstrapテーマなどオープンソースのリソースは活用しているものの、GitHubからいかなるプロプライエタリなマテリアルやソースコードもコピーしていませんので問題ではありませんでした。

2点目については(ユーザインターフェースに関する権利については諸説あるようですが)、GitBucketが「GitHubクローン」を名乗り、積極的にGitHubのユーザインターフェースに追従していたのは事実ですし、GitBucketは諸事情によってGitHubが利用できない場合に代替となるべく開発しているものであり、GitHubユーザに無用な混乱を招いたりGitHub社が本来得るべき利益を毀損することは本意ではないため改善を行うことにしました。

まず我々はGitHub社にどの程度の改善が必要なのか、例えばカラーテーマの変更によってGitHubと明らかに異なる外観を示すことが解決策になり得るか?という問い合わせを行いました。

幸いにもGitHub社の回答は友好的なものであり、最初のステップとして受け入れられるものであるが、問題はカラーテーマやアイコンといった個々の要素ではなく、フォントやレイアウトといった様々な要素との組み合わせで発生するものであり、将来的にはこれらの類似性を取り除くことが期待される、とのことでした。

そこで、GitBucketの次のバージョンである3.13では最初の対応としてユーザインターフェースの構築に使用しているBootstrap3のテーマをGitHub風のものからデフォルトのテーマに変更し、さらに主要なユーザインターフェースのいくつかの部分を変更し、今後のバージョンで段階的にGitHubとの類似性を排除し、GitBucket独自のユーザインターフェースへの転換を継続的に行っていくことにしました。

f:id:takezoe:20160321030207p:plain

いずれにしても、GitBucketの開発は今後もGitHub上で継続していきます。

当面はユーザインターフェースの変更にリソースを奪われる可能性がありますが、将来的にはGitHubのユーザインターフェースへの追従よりも本質的な機能改善に集中できるようになり、これまでよりも開発速度が向上することが予想されます。すでにGitBucketをご利用の皆様には突然の変更でご迷惑をおかけしますがご理解いただければと思います。

GitHubデベロッパとユーザ、コントリビュータの距離を近づけることでオープンソースの世界に革命をもたらしました。当然のことながらGitHubが存在しなければGitBucketも生まれることもありませんでした。この素晴らしいソフトウェア開発プラットフォームに最大限の感謝の意を示したいと思います。