読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまさらKitematicを使ってみた

Docker

手元のMacのDocker環境がずっとboot2dockerのままだったのですがDocker Toolboxに入れ替えてみたので、いまさらですがKitematic(Docker Toolboxに付属するGUIの管理ツール)を使ってみました。

www.docker.com

まず、Kitematicを起動するとDocker Hubのアカウントを求められるので、まだアカウントを持っていなければ作成します。

起動したらDocker Hubから既存のコンテナを検索し、「CREATE」でコンテナを作成します。ここではMySQLのオフィシャルのコンテナを試してみます。

f:id:takezoe:20160111143024p:plain

何も考えずに起動しようとするとコンテナのログに以下のようなメッセージが表示されます。

error: database is uninitialized and password option is not specified 
  You need to specify one of MYSQL_ROOT_PASSWORD, MYSQL_ALLOW_EMPTY_PASSWORD and MYSQL_RANDOM_ROOT_PASSWORD

メッセージにしたがって、KitematicのSettingsタブで環境変数を設定します(ここではMYSQL_ROOT_PASSWORDという環境変数にrootのパスワードを設定しました)。

f:id:takezoe:20160111143040p:plain

また、必要に応じてホストにプロキシするポートを固定したり、データボリュームをホスト上のディレクトリにマッピングしたりするための設定を行うこともできます。

環境変数の設定を行うとコンテナを起動できます。

f:id:takezoe:20160111143109p:plain

試しにローカルからmysqlコマンドで接続してみます。

$ mysql -h 192.168.99.100 -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 2
Server version: 5.7.10 MySQL Community Server (GPL)

Copyright (c) 2000, 2015, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql>

無事接続できました。簡単ですね!

Kitematicはインターフェースもシンプルかつ直感的ですし、コマンドを覚えなくても気軽にDockerを使い始めることができます。GUIはいらないかなと思ってたんですが、実際に使ってみると思っていたよりいい感じですね。