ソフトウェアデザイン2017年10月号でGit特集(の一部)を執筆しました

Git特集の冒頭で各種Gitサービス/パッケージの比較・紹介記事を執筆させていただきました。

中でもGitHub、GitLab、Bitbucket、GitBucketについて少々詳しく掘り下げさせていただいているのですが、Software Designさんの表紙にGitBucketの文字を載せていただけるとは感無量です。

Git関連のサービスは日頃ウォッチしているので情報をまとめる良い機会になりましたが、これらのサービスは動きもそれなりに早いのでなかなか難しいところです。実際Bitbucketはつい先日Trelloのタスクボードの統合が発表されましたが、本稿には含めることができませんでした。ただ、各サービスの特徴は掴めるかと思いますので、特に業務でGitを導入する際にどのサービスを選択すべきかの参考にしていただければと思います。

なお、GUIのGitクライアントの紹介ではなくテキストエディタからGitを使用する方法が紹介されているのはSoftware Designさんらしいなと思うのですが、vimAtomが紹介されているにも関わらずEmacsが紹介されていないところに時代の流れを感じざるを得ません…。