ジェットストリームプライムを試してみた

仕事や勉強などで物理ノートを使っているのですが、筆記具としてボールペンはジェットストリームの3色ボールペンを長らく愛用しています。ジェットストリームにはプライムというお値段高めの上位機種が存在するのですが、なんか変な宝石みたいのが付いてていまいち食指が動かなかったのですが、今年になってデザインが良い感じにリニューアルされたのでボールペンもちょっと良いものを使ってみようかと思い購入してみました。

数ヶ月使ってみての感想ですが、

  • デザインは良く、金属の重量感やマット塗装も相まって高級感はある
  • 通常の3色ジェットストリームと比べるとスリム
  • 通常のジェットストリームと違って持ち手部分がラバーではなく金属製なので長時間使っていると手が痛くなる
  • 重量はあるが重心は低いので重くて書きにくいということはない
  • ノックが特殊で慣れないと芯がうまく固定できなかったり筐体内で引っかかってしまうことがある
  • 替芯が専用のもので値段が高い。芯が透明ではないのでインクの残量がわからない
  • クリップが金属製なのは耐久性という意味では良いが固すぎる気がする

などなど、確かに高級感はあるのですが、実用性という意味では結構微妙な気も…。ベージュのモデルは塗装が異なるようなのでまた少し使い勝手が違うかもしれません。

また、プライムまではいかないのですが、通常のジェットストリームと比べると若干お値段高めの中位機種もあります。

こちらも実際に購入してしばらく使ってみました。

  • 見た目の高級感やマットな手触りなどはプライムに近いものがあるが金属製ではないので軽量
  • プライムと違ってスリム筐体ではないがラックのノックがクリップに割り当てられているので通常の3色モデルと比べるとスッキリしている
  • やはりノック(特にクリップに割り当てられたブラック)が特殊で慣れないとうまく固定できないことがある
  • 持ち手部分はラバーなので長時間使っても指が痛くならない
  • 芯は普通の多色ジェットストリームと同じものが使えるのでランニングコストはいい

というわけで色々試してはみたものの、なんだかんだで今まで使っていたスタンダードな三色モデルが一番使いやすいのではという身も蓋もない結論に達してしまいました!

安いので雑に扱っても気が咎めないし、壊れたり失くしたりしても買い換えればいいかという気になりますし…。本体、替芯ともにスーパーの文房具売り場などでも比較的入手しやすいのも実用性高いです。とはいえジェットストリームは様々なバリエーションがありますし、コラボでいろんなデザインの筐体を限定で出したりしてるので、自分好みのモデルを見つけたら芯を交換して使い続けられるのはいいところですね。

今回はボールペンについてでしたが、仕事で使う文房具に関してはノートや付箋なども色々と試しているので、また機会があれば書いてみたいと思います。