Presto

trino-client-ruby 1.0.0をリリースしました

トレジャーデータが公開しているOSSの1つにpresto-client-rubyというRuby用のPrestoクライアントライブラリがあり、最近色々と弄る機会が増えてきたのでメンテナにしていただいたのですが、PrestoSQLがTrinoのリブランディングされ通信の仕様も若干変わった…

Trino/Prestoの互換性調査補助ツールを作った

Trino/Prestoをバージョンアップする際には事前に動作の互換性検証などを行なっているのですが、検証作業自体は以前Presto Conference Tokyo 2020でも紹介させていただいたquery-simulatorという内製のツールを使って自動化されているものの、実際に非互換の…

presto-client-rubyのメンテナになりました

トレジャーデータでOSSとしてPrestoのRubyクライアントを公開しているのですが、最近諸事情によりこちらをいじる機会が出てきたのでメンテナにしてもらいました。 github.com rubygems.org これまでにHTTPのリダイレクト対応やgzip圧縮のサポートなどを追加…

Presto Conference Tokyo 2020でトレジャーデータにおけるPrestoサービスのテスト戦略について発表させていただきました

今年はリモート開催となったPresto Conference Tokyo 2020で、トレジャーデータのPrestoサービスのテスト戦略について発表させていただきました。 スライドはこちらです。 Testing Distributed Query Engine as a Service from takezoe www2.slideshare.net …

Presto: The Definitive Guide: SQL at Any Scale, on Any Storage, in Any Environment

昨年から執筆中という話だったオライリーのPresto本がこの4月に発売になったとのことでゴールデンウィーク中に読んでみました。 [asin:B086R9FHB7:detail] Kindleでも7000円以上という高価格ですが、実は著者の皆さんが勤務されている米Starburst社のWebサイ…