SRE サイトリライアビリティエンジニアリング ―Googleの信頼性を支えるエンジニアリングチーム

だいぶ今更感がありますが、現職では業務における運用作業の比率が割と高めなこともあり、読んでみました。和訳版ですが、分量と読み辛さが相まって読み終わるのにかなり時間がかかってしまいました。

もちろん前職もWebサービス企業だったのでサービスにタッチしていた頃は運用にも関わっていたのですが、立ち上げ時期のサービスだったこともあり、とにかくできることをやるという感じで運用のための組織的な仕組みをどう作るかというのはあまり深く考えたことがありませんでした。サービスとして存続できるかどうかもわからないうちに継続的な運用を考えても仕方ないという話もありますし、大きな会社だともともと全社的な仕組みがあって新規サービスでもそれに乗っかれたりもしますが、まだそういう感じでもなかったです。

で、この本なのですが、まずとにかく読みにくい…。1冊の書籍というよりは論文集という感じなのですが、そのせいで話題がだいぶ散漫になっている感じがあり(分量が多いのもあるのですが)、中には分散システム入門みたいな話もあったりして、いったこれは何の本なんだっけ?となることもありました。それと翻訳が結構厳しめで、元の英文を想像しながら読まないと意味がよくわからないような箇所もありました。参考になりそうな部分だけつまみ読みしようにもそういう構成になっておらず、全部通して読んでみないとどこに何が書いてあるのかよくわからないというのも読んでいて辛いところでした。

内容的にはGoogle内部のエンジニアリングの様子を垣間見れるという意味では貴重かと思いますし、特にオンコールに入るまでの教育周りなどや新サービスのローンチを効率化するための取り組みなどは参考になりました。ただ、SREというのは基本的には「ソフトウェアエンジニアが運用を行うとどうなるか」という話と認識しているのですが、運用におけるSREとアプリケーションエンジニアとの役割分担など、これはあくまでGoogleの事例集という感じで、実際に現場においてどう適用すればいいのかというのは正直ちょっとこの本を読んだだけではちょっとイメージしづらかったです。

今年になって実践編のサイトリライアビリティワークブックも和訳が出ているようで、こちらを読めばもう少し具体的なイメージが掴めるかもしれないですが、これまた中々の分量なので読む前から若干腰が引けてしまうところです…。

サイトリライアビリティワークブック ―SREの実践方法

サイトリライアビリティワークブック ―SREの実践方法

  • 発売日: 2020/06/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)